中江滋樹さんを、冤罪のワナにおとしいれた槙枝一臣弁護士とは一体何者か?その素顔を明らかにする。弁護士の仮面をかぶった人物のいわばプロファイリング(注)である。

 槙枝一臣弁護士のプロファイル。

昭和22年頃、後に日教組委員長・総評議長になった槙枝元文の子として生まれる。
      いわゆる”労働貴族”ファミリ-だ。

昭和44年3月、中央大学卒。
昭和48年、弁護士登録。
昭和59年、中江滋樹さんと、投資ジャ-ナルグル-プの一人の大口債権者の代理人として債
      権回収の話し合いをする。中江滋樹さん加藤文昭、加藤の愛人の3人が海
      外”逃亡”する前であり、かつ、警視庁による強制捜査の前である。
昭和59年8月9日ごろ、中江滋樹さん、投資ジャ-ナル社長加藤文昭、加藤の愛人の3人
      が、三浦甲子二・テレ朝専務の指示により海外”逃亡”。日本における連絡窓口は
      槙枝一臣弁護士。三浦甲子二も槙枝一臣弁護士も、警視庁と中江滋樹をとりも
      つ、フィクサ-(Fixer。裏工作、不当な調停などで金儲けをする黒幕。-グラ
      ンドセンチュリ-英和辞典)であった。松江市で猿まわしを演じている中村寿夫
      弁護士
もまた、フィクサ-以外の何ものでもない。共に冤罪捏造の犯罪人であ
      る。この時点で、山根治会計士は槙枝一臣弁護士との面識はないし、中江滋樹さ
      んからも相談を受けていない。
昭和59年8月24日、投資ジャ-ナルグル-プに警視庁生活課が強制捜査に着手。証券取引法違反。

(注)プロファイリング(犯罪捜査において、犯罪の性質や特徴から、行動科学的に分析し、犯人の特徴を推論すること。犯罪者プロファイリング。-ウィキペディア)


                                 (この項つづく)

                                  

―― ―― ―― ―― ――

 ここで一句。

“マスコミを 避け始めたぞ なにかある”
      -
(毎日新聞、令和2年10月10日付、仲畑流万能川柳より)


(”令和2年1月、松浦松江市政と、安倍政権にベッタリだった山陰中央新報の社説が一変。しかし、いまだ”調査報道”には程遠い”-松江のプ-タロ-)

―― ―― ―― ―― ――